キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > ツタの育て方

ツタの育て方

ツタの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
紅葉
落葉
管理場所
軒下
 
室出し
日なた
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
 
軒下
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
 
 
2~3/日
 
1/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
針金かけ  
剪定
 
 
 
 
 
植え替え
 
 
芽摘み      
葉刈り
 
 
       

ツタの性質

ツタはブドウ科の蔓性落葉樹。雌雄同種。

盆栽では常緑に冬蔦(木蔦)ではなく、紅葉や落葉が楽しめる夏蔦と言われる種類が使われます。

北海道から九州の広い地域で普通にみられる植物で、葉の形は先端が1~3裂するもの3小葉になるものの2形があり変異も多く見られます。

古くなった蔓は幹のように太くなり、新緑や紅葉、果実も楽しめます。

ツタの管理場所

春から梅雨までは明るく風通しのよい場所で育てます。

夏の強い日差しにあたると葉焼けしやすく、紅葉が美しくならないので明るい日陰に移しておきます。

秋以降はしっかり日にあてることで紅葉が綺麗になります。

冬は保護が必要です。

ツタの灌水

普通の灌水でいいですが夏の水切れには注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水するようにしてください。

ツタの施肥

多肥になると紅葉が遅れたり枝が徒長する原因になりますので、控えめを心がけます。

梅雨と夏場を除いた5月~11月の間に油かすなどの固形肥料か薄い液体肥料を与えて下さい。

ツタの作り方

芽摘み

枝ができにくいので芽摘みは必要ありません。

成長期の葉刈りや切り戻し剪定で枝数を増やします。

剪定(12月~3月、5月~6月)

12月~3月の休眠期に全体の剪定をしておき、成長期に不要枝の整理や切り戻し剪定をして二番芽を出させます。

葉刈り(6月~7月)

梅雨時に大きな葉を切って二番芽をださせ、葉を小さく作り直します。

針金かけ(6月)

自然な作りが似合うので、樹形は鋏作りでもよいです。

針金かけをする場合は、幹や枝がまだ細いうちに癖を付けておきます。

植替え(3月)

若木や小さいものは1年に1回植え替えをします。

コメント

小川 正志 さん 2016年06月15日16時26分
秋の紅葉の美しさを盆栽に求め、紅葉、楓、錦木、ブナ、ソロ、イワシデ等そろえて、今回蔦を購入し育て方の参考になるものを探しこのサイトにたどり着きました、買った時期が6月上旬で樹姿が隠れるほど美しい葉に包まれていたので葉刈をするなと思いも付きませんでしたが、このサイトが非常に役にたち、今年は蔦の美しい紅葉も見れそうです。
きみ さん 2016年06月15日22時14分
小川 正志さん
こんばんは、コメントありがたいです。
蔦は今時期葉刈りしておくと秋には小葉で綺麗な紅葉みられますので是非やってみてください。強い樹なので大丈夫です^^

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 01 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 01 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。