キミの盆栽びより>>基礎知識>>盆栽樹種の分類>>草物類の仲間>>千成りホオズキの魅力

千成ホオズキ(千成酸漿)の魅力

千成ホオズキはナス科ホオズキ属の1年草です。

千成りホオズキ

南アメリカが原産で、江戸時代に日本に持ち込まれたものが野生化した帰化植物の1つで、食用や鑑賞用として古くから親しまれています。

夏に涼を呼ぶ植物として栽培され、お盆には精霊馬と一緒に灯籠の代わりとして精霊棚に供える習慣があります。

千成りホオズキは7月~9月に淡い青色の小さい朝顔のような合弁花を咲かせ、結実すると袋状の萼に包まれた小さく丸い果実(液果)ができます。

一般に知られる食用のホオズキのように赤くならず、比較的小さな緑色のホオズキが沢山つき、実は食べることが出来ます。

千成りホオズキの種

実なりはよいですが1年草なので毎年種を蒔く必要があります。

熟した実の中に種が出来ているものがあるので、冷蔵庫で保存して翌春4月頃に播いて下さい。

コメント

ロコ さん 2016年09月20日00時55分
千成ほおずき
甘くて美味しいですよ
江戸時代のほうずき市では
食用として販売されていたそうです
きみ さん 2016年09月20日09時16分
ロコさん
貴重なコメントありがとうございました。

てっきり食べられないと思っていたけど食べられるみたいですね。しかも甘くて美味しいとは。お恥ずかしいです。
今花がきてるので、今年は食べてみることにします。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 09 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 09 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。