キミの盆栽びより>>基礎知識>>盆栽の用土

盆栽の用土

盆栽用土

盆栽に使われる樹種はとてもたくさんあるので、本来はそれぞれの植物が好む土の質や配合は全部違うものです。

植物にとっていい土というのは、その植物が元気に生育している場所の土をそのまま持ってきて使うのがいいわけなんですが、その植物の生育している場所まで出向いて土を採ってくる、あるいは再現するのは大変です。

そこで、植物がよく生育できる土とはどんな土かを考えてみることにします。

植物にいい土とは?

赤玉土(細粒サイズ)

赤玉土(細粒サイズ)

植物の根は土の中で四方八方に張り巡り、地上部を支えています。

また、土の中の水分や養分は、植物の生育には欠かせないものとして根から吸収されます。

さらに根自体も呼吸をしていて、土中の酸素を吸って炭酸ガスを排出しています。

つまり、植物にとって土は自分の体を支える重要な足場であり、土の中の水分・養分・酸素は生命維持のために必要不可欠なものです。

これに生理活性が活発になる最適な温度が揃って調和がとれた時が、最適条件だといえます。

盆栽用土の条件

盆栽用土は市販のものを

当然ですが、天然の土と限られた容量の盆栽用土では再現性に限界があります。

また自然の土には市販の用土には入っていない天然の栄養分が豊富ですが、植物によくない害虫や雑菌も含まれています。

さらに中には除草剤が散布されているかもしれないので、そのまま使用すれば植物に大変な影響を与えます。

少しくらいならと外から土を採取してくるのは、各地町村の条例違反になる可能性もありますので、土は清潔で粒径も揃った市販の用土を購入して使ってください。

用土は園芸店や盆栽園、ホームセンター、インターネットなどで簡単に入手でき、種類やサイズも豊富に揃っています。

盆栽用土の3条件

用土には、まず植物を支える根を張り巡らせる支持体とか、土台の役割があります。

よく排水性をあげるために細かい粒土に角張った砂利を混ぜることがありますが、これは角張っている砂利に到達した根が分岐して根の生育を助ける効果もあります。

盆栽用土には、その構造から以下のような物理的な3つの要素が求められます。

  1. 保水力があり
  2. 排水性がよく
  3. 酸素が含まれやすい

ここで、保水力があって排水性がよい土とはどんなものなのかという疑問が生じますが、この2つの矛盾した条件を満たすものが、粒土(りゅうど)です。

土の粒子が小さければ粒の中によく水分を含んで保水力が高くなり、反対に粒が大きければ粒と粒の間の空間が大きくなり、排水性が高まります。

小品盆栽や水を好む樹種であれば、粒径の細かい粒土を使いますが、あまり細かいものを使うと今度は過水や酸欠になりやすいので、毎日の灌水の難易度が増します。

また家庭菜園や園芸では、腐葉土など多少栄養分の含まれる土がよく使用されますが、土に予め栄養分の含まれたものは盆栽の場合は好ましいものではありません。

水分や養分は必要な量を後から与えればいいのです。

無理のない用土の準備を

本来、樹種によって適した用土はそれぞれですが、それぞれの樹種全てに最適な配合の用土を用意するのは大変です。

用土は最初から何種類も揃える必要はありません。

用土条件があっていても、これから入手しようとする樹種が自分の棚環境にあっていなければ、用土や日頃の管理をどんなに気をつけてもいずれ枯れます。

基本用土を赤玉土として、最低限度の条件を満たせれば合格くらいの気持ちでいてください。

自分の棚環境で育つ樹種を選び、日頃の管理をきちんとしていれば、少しくらい異なる用土配合でも充分に生きていける順応性を植物は持っています。

盆栽用土の種類

盆栽に使われる代表的な用土を紹介します。

リンクを紹介しているものは私も実際愛用しているもので、その他のものは近所のホームセンターや園芸展などで適当に揃えています。

それぞれ単用で使われることは少なく、樹種によって適当な配合で使います。

用土のいろいろ

赤玉土(あかだまつち)

赤玉土

盆栽の基本用土として広く使われていて、ほとんどの植物に使えます。

盆栽用土として愛用されているのは「2本線」「3本線」と言われている硬質赤玉土ですが、選ぶ基準は粒がそろっていて潰れにくいものがお勧めです。

「硬質赤玉土」は自然乾燥や焼成などで土を硬くしてあり、粒と粒の隙間に空気が入るので根が酸欠になりにくく良好な土壌環境を作ることができます。

大・中・小・極小・細粒といろんな粒径が揃っていますが、メーカーによって粒径の規格が違うので確認してから選んでください。
小品盆栽サイズなら小粒(3~6mm)をふるい分けたり、極小粒(粒径2~3mm)、細粒(粒径1~2mm)あたりを試してみるといいと思います。

粒径は小さすぎると過湿や過水の原因になり、特に蒸れやすい夏場に悪い影響が出やすいので、気持ち少し大きめのものを使ったほうが根の生育には良いです。

また粒の中に水分を蓄える性質があり保水力にも優れています。根の成長がよすぎるので徒長しやすいとこが注意点。

桐生砂(きりゅうすな)

桐生砂

火山性の弱酸性の土で粒が固く丈夫です。

多くの植物は弱酸性の用土を好むので、通常は赤玉土を主体に桐生砂を2割程混ぜたものを使います。

「砂」とありますが、一般の砂のようにさらさらしたものではなく、盆栽用土としては直径4~6mmくらいに揃った小粒や中粒、大粒などが揃っています。

多孔質で角ばっているので根の分岐が促される効果があり、排水性も高く、単用では鉢底に使われたり、あらゆる盆栽用土に混合されます。

鹿沼土(かぬまつち)

鹿沼土

火山性の強めの酸性土です。

酸性の土を好むサツキに合う用土として覚えておきたい土です。

多孔質で保水力が高いので、単独では挿し木用土としても使用されます。

多湿になりやすいので表面に藍藻類やコケが生えやすいです。

非常に柔らかくて崩れやすいので、一度ふるいにかけたものを水で洗って半乾き(一番固くなる)の状態で使うといいようです。

川砂(かわすな)

川砂

こちらも「砂」とありますが、花崗岩を細かく砕いたもので、粒径によって砂~砂利のような状態で揃っています。

排水・通気性に優れていて、松柏類などは赤玉土と混ぜて排水効果をよくします。

いろいろな粒径のものがありますが、細粒など粒径の小さいものはサボテンや多肉植物などにも向いていて、種まきや挿し木用の挿床としても使用されています。

小さい盆栽の用土として使う場合は中粒(直径2~4mm)くらいからが使いやすいと思います。

質のいい有名な産地としては、矢作川砂や鹿島砂、朝明砂、天神川砂、白川砂などがあります。
とても硬くて割れにくく、熱に対しても安定した物性を示しています。

再利用可能な用土で、水で洗ってよく乾かしておけばまた使うことができます。

燻炭(くんたん)

籾殻を炭化させたもので、一般に売られている『くん炭』は籾殻くん炭のことを指していることが多いです。

土壌中の有害物質を吸着し殺菌効果も望めます。

アルカリ性なので酸性土壌の中和に役立ち、基本用土に少量配合することで根腐れ防止や耐病性を高めると言われています。

富士砂(ふじすな)

富士砂

火山灰土を園芸用に加工したもので硬く鉄分を多く含んでいます。

山草類に使用したり化粧砂にもなります。

硬くて重い砂なので、他の土と混合すると固く締め付けてしまうことがあるので使うなら小さめの粒径を単使用したほうがいいでしょう。

排水性を高めるために基本用土に少し混ぜて使用することもあります。

黒土(くろつち)

黒土

粒子が細かくしっとりしています。

昭和初期頃に黒ポカ土と呼ばれていたものも似たものです。

枝先の細やかさを要求されるような雑木類や、小品盆栽によいとされています。

ケト土

ケト土

粘土質で湿り気があり、石付き盆栽の仕立てに使われます。
根を這わせて、コケで覆ったりするときの下地に使います。

取り木後や植えかえ直後の水分保持・保護にも効果的です。山草類では鹿沼土と混ぜて使用されることがあります。

腐葉土(ふようど)

腐葉土

雑木類などによく混ぜて使われる基本用土です。

葉や枝の残骸が残っていない、質感的には黒土に近いものがよいでしょう。
自然から採ったものなら、病菌やミミズの卵とかが混じってることがあるので、よく日光消毒してから使いましょう。

チッソ、リン、カリ等の栄養分が入っているため、肥料分ともとらえてよいのですが、ほかの微量養分は不足しがちなので、腐葉土を使っているからといって施肥が不要になるわけではありません。

盆栽用土の配合

用土の配合例を樹種別に紹介します。

赤玉ひとつとっても、花物・実物類など水を好む物と、松柏類など排水性が重要視されるもので配合に違いがあります。

ただしここまでお話したように、無理に全てその通りの用土を用意することはありません。

それぞれの樹種の最低限度の条件を満たせれば充分くらいに考えておいてください。

松柏類に使う用土と配合

クロマツ 赤玉土5、黒土2、天神川砂3
赤玉土6、桐生砂または山砂4(関西では山砂のみの場合も多い)
アカマツ 赤玉土6~7、天神川砂または桐生砂3~4
ゴヨウマツ 赤玉土6~7、天神川砂または桐生砂3~4
ニシキマツ 赤玉土7、天神川砂または桐生砂3
エゾマツ 赤玉土5、天神川砂または桐生砂3、鹿沼土2
赤玉土6~7、鹿沼土3、桐生砂1
トショウ 赤玉土5、天神川砂または桐生砂5
シンパク 赤玉土5、天神川砂または桐生砂5
赤玉土4、天神川砂または桐生砂5、石灰砂1
ス ギ 黒土5、天神川砂3、腐葉土2
赤玉土5、鹿沼土3~4、桐生砂1~2
ヒノキ 黒土5、腐葉土2、天神川砂3
赤玉土7、桐生砂3
コメツガ 赤玉土4~5、桐生砂5~6
ヒ バ 黒土4、赤田土3、桐生砂3
イチイ 赤玉土4、天神川砂または桐生砂6

葉物類に使う用土と配合

ケヤキ 黒土4、赤玉土3、腐葉土2、桐生砂1
カエデ 黒土4、赤玉土3、腐葉土2、桐生砂1
モミジ 黒土4、赤玉土3、腐葉土2、桐生砂1
黒土7、腐葉土1、桐生砂2
ブ ナ 赤玉土5、黒土3、桐生砂2
ソ ロ 黒土5、赤玉土3、桐生砂2
ハゼ 黒土5、赤玉土2、腐葉土2、桐生砂1
※実生で紅葉させるには砂植え
イチョウ 黒土5、赤玉土2、天神川砂または桐生砂3
ク ワ 黒土5、赤玉土2、腐葉土2、桐生砂1
シラカバ 黒土6、赤玉土2、天神川砂または桐生砂2
ツ タ 赤玉土6、腐葉土2、黒土1、桐生砂1
ニシキギ 黒土7、腐葉土1、天神川砂または桐生砂2
黒土6、赤玉土3、桐生砂1
エノキ 赤玉土3、黒土6、桐生砂1
カシワ 赤玉土5、黒土3、天神川砂2
ニ レ 黒土5、赤玉土3、天神川砂または桐生砂2
ヤナギ 黒土3、鹿沼土3、赤玉土2、桐生砂2
ギョリュウ 黒土3、鹿沼土3、赤玉土2、腐葉土1、桐生砂1
ヒメシャラ 赤玉土4、黒土4、桐生砂2
コナラ 赤玉土5、黒土3、桐生砂2
チリメンカズラ 赤玉土5、黒土3、天神川砂または桐生砂2
メ ギ 黒土5、赤玉土3、桐生砂2
ハンキンハゼ 黒土6、赤玉土3、天神川砂1
タ ケ 黒土4、腐葉土2、赤玉土4
シュロチク 赤玉土6、桐生砂3、腐葉土1

花物類に使う用土と配合

ウ メ 赤玉土4、黒土または腐葉土4、桐生砂2
サクラ 黒土3、赤玉土4、天神川砂または桐生砂3
ボ ケ 黒土5、赤玉土3、天神川砂または桐生砂1、腐葉土1
カイドウ 黒土4、赤玉土3、天神川砂または桐生砂1、腐葉土2
サツキ 若木:鹿沼土7、水苔または山苔3
成木:赤玉土4、鹿沼土4、水苔または山苔2
ユスラウメ 黒土6、赤玉土2、桐生砂2
フ ジ 黒土3、腐葉土3、鹿沼土2、赤玉土2
赤玉土5、荒木田土3、腐葉土2
オウバイ 黒土3、黒ポカ土3、鹿沼土3、天神川砂1
赤玉土4、腐葉土4、桐生砂2
ロウバイ 黒土3、黒ポカ土3、鹿沼土3、砂1
ツバキ 黒土6、赤玉土3、砂1
シャクナゲ 鹿沼土4、腐葉土3、赤玉土1、山苔2
サンザシ 黒土6、赤玉土2、桐生砂2
コブシ 赤玉土5、黒土3、桐生砂2
サルスベリ 赤玉土4、黒土4、天神川砂または桐生砂2
クチナシ 黒土5、赤玉土3、桐生砂2
サザンカ 黒土6、赤玉土3、腐葉土1
アセビ 赤玉土4、黒土3、腐葉土1、桐生砂2
ツツジ 赤玉土4、黒土4、桐生砂2
ハナザクロ 黒土5、腐葉土3、桐生砂2
ネ ム 黒土5、赤玉土2、桐生砂2
チ ヤ 黒土6、赤玉土2、桐生砂2
ザイフリボク 黒土5、赤玉土3、腐葉土1、桐生砂1

実物類に使う用土と配合

ヒメリンゴ 黒土3、赤玉土4、腐葉土2、桐生砂1
カリン 赤玉土4、黒土3、桐生砂2、腐葉土1
マユミ 黒土5、赤玉土3、桐生砂2
ザクロ 黒土5、腐葉土3、桐生砂2
赤玉土3、荒木田土3、腐葉土2、桐生砂1
ナ シ 赤玉土5、黒土3、腐葉土1、桐生砂1
カマツカ 黒土5、赤玉土3、天神川砂または桐生砂2
ベニシタン 黒土4、赤玉土3、天神川砂または桐生砂3
グ ミ 赤玉土4、黒土2、腐葉土1、荒木田土1、桐生砂1
ピラカンサ 赤玉土4、黒土3、腐葉土2、桐生砂1
アケビ 黒土4、赤玉土3、桐生砂2、腐葉土1
ブシュカン 赤玉土5、黒土3、天神川砂または桐生砂2
キンズ 赤玉土5、黒土3、天神川砂または桐生砂2
カ キ 黒土4、赤玉土3、腐葉土2、桐生砂1
スモモ 赤玉土5、黒土3、天神川砂または桐生砂2
ナンテン 赤玉土6、黒土2、腐葉土1
ウメモドキ 黒土7、赤玉土3
ツルウメモドキ 黒土5、赤玉土3、腐葉土1、桐生砂1
ナツメ 赤玉土6、黒土2、桐生砂2
ズ ミ
(深山かいどう)
黒土4、赤玉土3、桐生砂2、腐葉土1
ム ベ 赤玉土5、鹿沼土2、腐葉土2、桐生砂1
ク リ 黒土6、腐葉土2、天神川砂2
ク コ 黒土5、赤玉土3、腐葉土1、桐生砂1
ビ ワ 赤玉土6、黒土2、腐葉土1
ビナンカズラ 黒土4、赤玉土4、腐葉土1、桐生砂1

草物類に使う用土と配合

イワヒバ 鹿沼土4、水苔6
赤玉土3、鹿沼土3、水苔4
サギソウ 水苔10
ケト土5、荒木田土5
フクジュソウ 黒土5、赤玉土3、桐生砂または天神川砂2
ア シ ケト土6、赤玉土2、桐生砂2
荒木田土4、黒土4、天神川砂または桐生砂2
ツルコケモモ 赤玉土4、鹿沼土3、水苔3
ヤブコウジ 黒土4、鹿沼土3、腐葉土2、桐生砂1
ユキワリソウ 黒土6、腐葉土3、桐生砂1
スミレ 赤玉土5、腐葉土3、桐生砂2
セキショウ 天神川砂4、ケト土5、赤玉土1
フクロソウ 黒土4、鹿沼土3、赤玉土2、桐生砂1
シュンラン 赤玉土5、黒土3、天神川砂または桐生砂2
赤玉土5、鹿沼土5または水苔10
ベニチガヤ ケト土6、赤玉土2、天神川砂2
荒木田土10
イカリソウ 黒土3、赤玉土3、腐葉土2、桐生砂1
トコナツ 赤玉土5、鹿沼土3、腐葉土2
マツバラン 赤玉土6、黒土2、天神川砂または桐生砂2
トクサ ケト土6、赤玉土2、桐生砂2
荒木田土4、黒土4、天神川砂または桐生砂2
サ サ 黒土5、腐葉土3、鹿沼土または桐生砂2

コメント

なかしま さん 2016年03月19日17時15分
こんにちは。初心者です。友人にレンギョウを譲ってもらい育成しているのですが、ビニールのポットに入っていたので、そろそろ鉢に植え替えようと考えてます。盆栽用土の配合はどの組み合わせが良いのでしょうか?是非教えて頂けませんでしょうかm(_ _)m
きみこ さん 2016年03月19日19時17分
なかしまさん
情報不足で申し訳ありませんでした(--m
レンギョウは赤玉土(極小粒~細粒)単用でも育ちますが、私は2割ほどくん炭と細かい腐葉土を混ぜた用土を使っています。
赤玉土も崩れやすいものは排水が悪くなるので、硬質赤玉土が最高です。
レンギョウは根詰まりしやすいので、排水性のいい用土にするのがよく、桐生砂を赤玉に混ぜるのもよいです。
赤玉7、桐生(or川砂)2、腐葉土+くん炭1くらいでしょうか。
細かいことに決まりはありませんが、参考になさってください。
植え替え時期は是非元肥を入れてください。
なかしま さん 2016年03月20日20時38分
こんばんは(^^)
親切丁寧な対応をして頂き有難うございますm(_ _)m
明日さっそく夜勤上がりでホームセンターに行きます♪
友人にもらった盆栽を知識もなくひたすら毎日水をやる日々でしたので全く何も分からない状況なんですが、きみこさんのホームページで勉強させて頂きます(^^;;
京都手習い さん 2017年01月14日19時40分
京都手習い51才男初心者です。キミさんの盆栽用土のブログを拝見しました。黒松の用土の件ですが、関西では山砂のみとなっておりますが、それはどのようなものなのでしょうか?私は山砂というものは何種類かある山で取れる砂の総称だと理解しているのですがそうではないのでしょうか?
きみこ さん 2017年01月15日10時53分
京都手習いさん
盆栽で使われる『川砂』は、主に花崗岩が砕けたもので砂というより砂利みたいなものです。
用土の配合は決まりはないですが、黒松は排水や通気のいい条件が良いと思うので、赤玉や矢作川砂とかで市販されてるものを混ぜて使うといいと思っています。
ただ小さいのは乾きも早いので、あまり細かいことは気にせず私は全部同じ配合の土を使って水やりだけ気を遣っています。
mikezang さん 2017年02月25日22時46分
こんばんは。
最近樹木の実生を嵌って、たくさんの種を播種してすでにラ・フランス、リンゴ、ピラカンサ、フユサンゴ、マツ、トベラ、ランタナなどが発芽されて、これからミニ盆栽に育ちたいが、用土について質問ですが、家庭菜園で使用される培養土は盆栽には使えないのですか?
昨年から家庭菜園を始めまた培養土を残ってるので、もし両方使えるなら使いやすいかなと思うけど、いろいろネットの紹介を見ると、だめみたいで、本当にだめですか?

キミコさんのご指導お願いします。
きみ さん 2017年02月26日10時54分
mikezangさん
盆栽の基本用土はやっぱり排水性や通気性のいい赤玉ですが、このページにも書いているように雑木類や石付きにするときに補助的に使います。
腐葉土だけでは水持ちがよすぎて過水になるし、スポンジ状になるので根の分岐が不十分になりやすいです。粒土は根や枝の分岐にも関係があります。
腐葉土は取っておいていいですが、本格的に盆栽をされるなら、用土は盆栽用の清潔なものを揃えておくほうが後の生育にもいいと思いますよ。
内山秀男 さん 2017年02月28日10時02分
お世話になっております。盆栽の植え替え用土について教えてください。五葉松とさつきが混植されている盆栽です。五葉松とさつきは石附でさつきが石周りを全面覆っています。もう何年も植え替えていないので土は黒色化しています。このような盆栽のの用土は、赤玉と鹿沼とさらに
錦砂(こちらでは粒度調整した花崗岩(真砂土)をこのように呼んでいます)の混合を使えばよいのでしょうか。何か良い配合があれば教えてください。盆栽は鉢の大きさが20号程度です
きみ さん 2017年02月28日13時53分
内山秀男さん

20号鉢とは結構大きなものですね。
皐月はたしかに鹿沼土を主体にするのが一般的ですが、慣れてくれば五葉松の用土と同じでもちゃんと育ちます。
皐月は若木のうちは鹿沼7(もしくは全部鹿沼)くらいですが、成木では3~4割くらいでよく、だんだん赤玉主体の用土で大丈夫になってきます。
今回植え替えした時に、鹿沼を使ったときの五葉松への影響の方が気になるので、鹿沼は極力少なめがいいんじゃないかと思います。
結果、赤玉5に鹿沼2、桐生3くらいでどうでしょうか。桐生の代わりに錦砂を入れるのもいいでしょうね
いろいろな考えがあると思いますし、培養されている内山さんがその木の状態を一番良くお分かりだと思いますので、あくまで参考程度に思って頂ければと思います。
内山秀男 さん 2017年02月28日19時25分
有難うございました。またわからないことがあれば教えてください。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 09 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 09 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。