キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類実物類の仲間 > 茱萸(グミ)の魅力

茱萸(グミ)の魅力

寒グミ

茱萸(グミ)はグミ科グミ属の常緑低木です。

グミの仲間には交配種や変種が多く、落葉性のものや蔓性のものもあり、それらを総称して「グミ」と言われています。

夏グミ、セイヨウグミ、ツルグミ、ビックリグミなど園芸種が多く、花期や実の時期も異なります。

盆栽では晩秋に開花し冬の間に実が熟す常緑性の「寒グミ(ナワシログミ)」と、秋に丸く赤い実が熟す落葉性の「秋グミ」が使われます。

カスリが入ったような白っぽい楕円の葉も特徴的で、新梢に花が咲きます。

両性花で赤い実は食用にもなりますが、観賞用に作られたものもあります。

グミの特徴

グミの花(寒グミ:10月~11月、秋グミ:6月~7月頃)

寒グミの花

寒グミの花(9月下旬:東京)

寒グミの花は秋頃に開花し、冬の間に実が熟していきます。

秋グミの花は初夏頃に開花し、秋に実が熟します。

秋グミも寒グミも花の色形が似ていて、甘い香りとともに黄白色の小さな花を咲かせます。

花は小さく目立ちませんが、斑点の入った黄色~クリーム色の鐘形で、長めの花柄の先に花弁が4枚裂開します。

雌雄同花で自家受精するものもありますが、1株だけだと実付きが悪いので交配用の樹を用意しておくと確実です。

花弁が硬い上に、雌しべが奥にあるので刷毛を使って花粉をつけてください。

交配用の花粉がない場合はジベレリンやトマトトーン(寒グミ)でも結実させることができます。

グミの実(寒グミ:3月~4月、秋グミ:10月~11月頃)

寒グミの実

寒グミの実(3月:東京)

寒グミの果実は秋に結実し、冬を越してから3月~4月になると次第に楕円形の実が赤く熟してきます。

秋グミの果実は初夏に開花結実し、秋に赤く熟します。

実の表面は、葉と同じくカスリが入っていて、ザラザラとした印象です。

秋グミ

秋グミの実(11月:東京)

秋グミの実は形がサクランボに似ていて、寒グミに比べて小さく丸い形。

どちらも食べることができますが、秋グミはタンニンを多く含んでいるので渋みが強いそうです。

グミの繁殖法

グミの種木は挿木や取木、接ぎ木などでよく増えます。

グミの主な樹形

芽摘みや剪定で枝が出来やすい樹種です。

模様木、斜幹、懸崖などいろいろな樹形に作ることができます。

病気・害虫

病気にはかかりにくい。

カイガラムシや、新葉にハマキムシが付くことがあります。

                                                   

コメント

徳島探検部 さん 2017年11月29日17時35分
トップのぐみの木の盆栽、可愛いですね!!やってみようかな。
昨日海岸の崖の道で、鈴なりだった秋グミを、30cmほど枝ごと採ってきたのですが、実が3mm位で余りに小さかったので、秋グミの実は一般的にどれくらいの大きさになるのか調べていたらこちらのサイトに辿り着きました。
きみ さん 2017年11月30日09時35分
徳島探検部さん

3mmとは小さいですね!もしかして寒グミのついたばかりの実かもしれないですね。
そのまま越冬して春には大きくなりますけどね
是非、寒グミ盆栽やってみてください。
また遊びにきてください

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 01 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 01 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。