キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類草物類の仲間 > タイワンオギの魅力

タイワンオギ(台湾荻)の魅力

タイワンオギはイネ科ススキ属の多年草です。

名前の通り原産は台湾で、日本を始め朝鮮半島や中国の湿地に自生しています。

ススキに似た葉や穂は風にそよいで涼しげであり、山野草として人気です。

日当たりのいい場所では9月~10月頃に花が咲き、秋には綺麗な穂と黄葉を楽しむことができます。

草として楽しむ場合は半日陰で管理するといいようです。

タイワンオギは丈夫で繁殖力があり、地下茎を地中に広げて増えていきます。

培養場所は日当たりと風通しのよい場所で管理するのがよく、水切れに注意してください。

夏は西日を避け、半日陰に移動したほうがいいです。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 01 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 01 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。