キミの盆栽びより>>基礎知識>>盆栽樹種の分類>>草物類の仲間>>スミレの魅力

スミレ(菫)の魅力

「スミレ」はスミレ科スミレ属の植物を総称した名前で、パンジーやビオラなどの外来種や園芸品種もスミレ属の仲間。

私たちがよく知るスミレは、日本原産の山野草の一種で、日本の至る所の道端や野原、里山などで見かける古くから馴染みのある野花です。

スミレ

八重山屋久島スミレ

スミレは交雑しやすいので類似種や近縁種が非常に多く、自生地による個体差も大きいのでこれらを分類するのは大変なようです。

日本の至る所の道端や野原、里山などで見かける野草で、淡~濃紫や白、紺、黄色の花を咲かせます。

盆栽で使われる山野草としてのスミレは、肥後スミレや石垣スミレ、屋久島スミレなど、葉や花が小さくて可憐な品種が好まれます。

花期は品種により違いますが早春から秋口までの成長期の間に次々と蕾を立ち上げ咲き続けます。

スミレの花は特徴的な形をしていて、花弁は5弁で上部に2枚、下両脇(側弁)に2枚、下中央の唇弁は後ろ部分が突き出し袋状(距)になっています。

側弁や唇弁には縞模様が入っていて、虫を密の場所を知らせて寄せ付ける役割をしていると言われています。

スミレの花

スミレの花

丈夫で育てやすい草で、少々の水切れでも腰水をしておくと復活しますが過乾には注意してください。

強い日差しは避け、明るい日陰~半日陰で管理してください。

肥料も多くは必要ありませんが、夏から秋の間に月1~2回くらい、油かすを小さくしたものや薄い液肥を与えるとよいでしょう。

根は太くて短い地下茎で、株分けで増やすことができます。

溢れ種でいつの間にか増えていることもあります。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 07 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 07 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。