キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類草物類の仲間 > ニオイハンゲの魅力

ニオイハンゲ(匂半夏)の魅力

ニオイハンゲはサトイモ科ハンゲ属の多年草。

ニオイハンゲ

中国原産のサトイモの仲間で、濃緑色の葉には葉脈に沿って白い斑紋が入っています。

涼しげな葉が茎に1枚ずつ付いて風に揺れる姿が愛らしい草です。

自生地での草丈は15cm~20cmくらいまで伸びますが、小鉢で育てると小さく持ち込むことができます。

花期は5月~8月頃。

淡緑色の仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた緑色の花は、口辺部から細長い付属体が伸び、蛇が鎌首を持ち上げた姿にも見えます。

仏教絵画に出てくるような美しい姿で、甘い香りがします。

ニオイハンゲの花

置き場所は風通しのよい明るい日陰がよく、強い日差しに直接当てないでください。

灌水は表土が乾いたら与えるくらいでよいですが、夏場に過水にすると腐りやすいので注意してください。

肥料は控えめで良く、春と秋に油かすを小さくしたものを置き肥してください。

追肥として薄めにした液体肥料を与えてもよいです。

ニオイハンゲ

株元のムカゴ

ニオイハンゲは株元や、葉の付け根の表側にムカゴを作り、これが地面にこぼれて繁殖します。

緑色のムカゴは熟すと茶色くなり、指で軽く触ると簡単に外れるようになるので、これを採取し新しい鉢に浅く埋めておくと増えて行きます。

繁殖力は旺盛で、植え替えの時に株分け(分球)で増やすこともできます。

冬は上部が枯れて休眠状態になりますが、霜に当てたり氷らせないような保護をしておけば再び春に芽吹いてきます。

発砲ケースに入れておき、2~3日に1回換気と水やりをしておくと良いです。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 11 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 11 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。